生の葡萄とレーズンの違いって?


レーズン

生で食べるか乾燥させるか、たったそれだけのことで違いも味も大きく変化するドライフルーツの魅力、
レーズンも生の葡萄とは成分が違ってきます、

↓ぽっちとクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ   

d4c5374b7d8291d1e79a2321ad11e4e9_s.jpg 

生の葡萄に含まれるポリフェノールや鉄分はそのまま、甘みも栄養素もぎゅっと凝縮され、食物繊維やカルシウムなどが豊富に含まれているのがレーズンの特徴です、

生の葡萄は、たまにヘタに近い部分が渋いことがありますが、レーズンではこの渋味が乾燥過程で消えます、果物の中でも果糖が多いとされる葡萄は乾燥されて水分が抜けることで糖分比率が高まり、レーズンになると人によっては甘すぎると感じるぐらいの糖度になります、

レーズンには炭水化物も豊富に含まれていまっす、その中に含まれている糖質は、生命活動をする上でのエネルギーになる大切な栄養素です、これをしっかり摂らないと、脳の働きが悪くなるだけでなく場合によっては疲労感や倦怠感に見舞われることもあります、

レーズンにはビタミンB6が含まれていることも特長です、
ビタミンB6は脂肪や炭水化物の代謝にもかかわるビタミンなので、脂肪肝が気になる方に特におすすめです、
そのほか、皮膚や髪、爪、歯を健康に保ってくれるという効果もあります、

レーズンの栄養素である銅は、ヘモグロビンを作るための鉄分を必要な場所に運び、赤血球の合成をたすけるという役割を持っています、また、酸素の 原料になったり、骨や皮膚、血管壁の健康維持に役立つ効果もあります、

レーズンには鉄分もたくさん含まれています、
鉄分は貧血や低血圧の人にとって鉄分不足を補うことで知られていますが、それだけでなく疲労回復効果や免疫機能の向上効果も期待できます、
ドライフルーツで鉄分を多く含む果物と言えばプルーンを想像してしまいがちですが、実はレーズンの方がプルーンよりも多くの鉄分を含んでいるのです、
関連記事↓

レーズンには、生の葡萄の7倍ものカリウムが含まれています、カリウムは体内の水分量を調整してくれ、余分な水分は排出してくれます、

レーズンにはコレステロールが0と言われています、悪玉コレステロールなどになる元が無いので、血液サラサラ効果が期待できます、また中性脂肪が気になる方にも強い味方です、

レーズンには、生の葡萄の4倍もの食物繊維が含まれています、食物繊維が豊富ということは腸内環境をよくするので、消化不良の予防にもなります、腸内環境を悪くしやすい動物性の食品と一緒に摂ることで、便秘の改善に期待ができます、


生の葡萄と同じく、レーズンにはポリフェノールやアントシアニンが含まれています、これらの栄養素は強い抗酸化作用と、がん予防などに効果を発揮してくれるので、アルツハイマーの予防や動脈硬化の予防にも役立ちます、


クイックエネルギーとしてマラソンレースの給食ステーションなどにレーズンが置かれているようです、

一粒一粒は小さいレーズンですが、
栄養は生の葡萄より多く含まれているので
効率よく栄養が摂取できます、




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomato

Author:tomato
兵庫県在住の50代。
悩み多き主婦。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1回あなたの応援クリックが活動源です。
スキンケアの限界を      感じたあなたへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オルビスユーホワイト
エイジングケアも美白もする欲張りなスキンケア
濃い酵素が腸まで届く
頑張った自分へのご褒美に♪
hulu
写真素材
写真素材のピクスタ
楽しい驚きが待っているタオル
オレンジシャンプー
白髪、薄毛専用サプリ
ヘッドスパトリートメントカラー
ウィッグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR